娘達へおくるハーブクッキング

タグ:ローズゼラニウム ( 3 ) タグの人気記事




さつま芋のココナッツミルク煮

さつま芋が収穫時期を迎え、マーケットでもよく見かける様になりましたね。

新聞紙に包んで玄関の段ボール箱においておくと結構もちます。

1~2ヶ月ほっておくと水分が抜けて甘みが増して美味しくなると野菜を作っている隣のおじさんから聞きました。

でも、旬のものを食べたい母にとっては、今の時期のさつま芋食べた~い!

昔よく買った石焼き芋も大学芋やふかしたさつま芋も美味しいけれど喉がつまりそうになる。牛乳かお茶を用意しておかないと心配なのは母だけかしら?

それで、今日は喉がつまらないで食べられるさつま芋のデザートを作りました。

本来は「Kolak Ubi」という名前のインドネシアでよく食べられるおやつで「さつま芋のココナッツ汁粉」と訳されているものですが、椰子の砂糖(グラ・メラ)や香り付けのバンダンの葉は専門店でないと手に入りにくいので、普通に買える材料を使いました。

きび砂糖もローズゼラニウムも、それぞれ椰子の砂糖やバンダンの葉の味とは違うでしょうが、先日、テレビを見ていたらイギリスのシェフが、ゆずが手に入りにくくて、ゆずに近い味を出したいと数種類のかんきつ類の汁を混ぜていて、結果はゆずの味とは違ったけれど、それなりに美味しく出来たと言っていました。

プロでもそういう事があるのだから母の場合もまぁいいんじゃないかしらと。



◆今日のレシピ◆   § さつま芋のココナッツミルク煮 § (3人前)

材料:

さつま芋            中1本
ココナッツミルク       150cc
水                80cc
きび砂糖            30~40g (グラニュー糖でもよい)
塩                少々
ローズゼラニウムの葉   3~4枚 (生)
ミントの葉           適量


作り方:

① さつま皮は厚めにむいてから2㎝角位に切り、分量外の水につけ濁ったら2~3回位取り替えてレモン水か酢水で15分程さらしておく。(皮のすぐ下にアクがありますが、今回は有機野菜だったので皮ごと使いました)

② ①を水から硬めに茹で、ザルにあげておく。

③ 鍋に水、塩、きび砂糖、ローズゼラニウムの葉を入れて煮立て砂糖が溶けたらココナッツミルクを加えて良く混ぜ、①をいれて中火でさつま芋が崩れない程度にやわらかくなるまで煮る。

④ ミントの葉を飾る。(ミントの葉をちぎって一緒に食べると美味しい)


温かくても冷蔵庫に入れておいて冷めたくしても美味しく食べられますよ。

d0262843_2314587.jpg


ローズゼラニウムは鉢植えでも売っていて簡単に育つ植物なので機会があったら育ててみて。虫よけのハーブとしても有名で、植えておいても葉を煮出して使っても効果がありますが、お菓子作りでも使うハーブです。

ちなみに蚊連草はローズゼラニウムとシトロネラを交配して作られた蚊がよってこないと言われているゼラニウムの仲間らしいけれど買った事はない。

エッセンシャルオイルで虫よけスプレーを作る時は、ローズゼラニウム、レモングラス、ユーカリ、香り調整と殺菌作用のあるティーツリーとラベンダーに無水アルコールと精製水を使っていますがレモングラスはシトロネラでもどちらでもよいと思う。もしレモンセントティーツリーとレモンユーカリがあれば、強力な蚊よけスプレーになりそう。

虫よけになるハーブにはシトロネラールという成分が多く入っているのね。これが有効!

そうそう、蚊よけと言えば、母の庭ではローズゼラニウムは育っていますが、モスキートブローカーというオーストラリア産のティーツリーは育たなかったなぁ。

観賞用のゼラニウムもあるので、買う時は料理用のセンテッド・ゼラニウム(ニオイゼラニウム)を。
[PR]



by YzKitchen | 2012-09-20 01:53 | ハーブ料理

コバエよけハーブ

コバエがうるさい季節ね。繁殖がすさまじいし、キッチンで1匹でも見つけると不愉快。でも今のところ全く見かけないのは、たぶんこれが効いていると思う。

ローズゼラニウムとブラックペパーミントの葉をキッチンペーパ―で包んで、産卵場所の45ℓのゴミ箱3つの底面にそれぞれ置くだけ。
d0262843_12581819.jpg

d0262843_12584262.jpg


雨戸をすり抜けてでも入ってくるコバエが全く寄り付かない!見た目が悪いコバエホイホイもコバエコナーズもいらない。(使った事はないけれど)

ハーブは庭にあるからタダ、しかも快適!

取りにいらっしゃい。
[PR]



by YzKitchen | 2012-07-20 12:59 | 出来事

丸ごとアンズのコンポート

アンズの季節ですね。

甘酸っぱいアンズは大好きです。高校生の頃は干しアンズの袋をかかえてあっという間に食べてしまっていましたっけ。アンズのジャムも好き。

そうそう、アンズと言えば種の核(杏仁)の粉で作る杏仁豆腐も好きだわぁ。

でも、生のアンズは見た目も色も可愛らしい。この時期に少なくても1回はコンポートを作るのが楽しみです。いろいろな作り方があるけれど母は皮つき丸ごとで。

シロップを多めにしてゼリー作りも。



◆今日のレシピ◆   § 丸ごとアンズのコンポート §

材料:

アンズ            1パック (約700g あまり熟していないもの)
砂糖             200g
水               1ℓ
ローズゼラニウム     3枚
シナモンスティック     3㎝
八角(スターアニス)    1/8粒
カルダモン          1粒 (種を割っておく 皮ごと使用)
クローブ           2粒
アンズのリキュール    適量 (アマレットなど)


作り方:

① アンズは竹ぐしでヘタを取り洗って水分を切っておく。ローズゼラニウムも洗って水分を切っておく。
d0262843_17563732.jpg


② 鍋に水と砂糖を入れシロップを作る。

③ ダシ袋に入れたシナモン、八角、カルダモン、クローブと、ローズゼラニウム、アンズを②に入れて紙ブタをしアンズが揺れない程度の火加減で柔らかくなるまで10分~15分程度煮る。(アンズが柔らかくなると煮崩れしやすいので扱いはそっと)

④ 好みの量でリキュールを加える。

⑤ そのまま冷ましてからスパイス類を取り除き、スプーンなどで容器に移し冷蔵庫で保存する。


香りづけにスパイスも使っているので奥行きのある味になっていると思う。
d0262843_1856399.jpg


又、寒天を使ったゼリーにすると、あっという間に固まるので思い立ってすぐに作れる。


§ アンズの寒天ゼリー § (3人前)

材料:

粉寒天         1g (添付スプーン1杯)
アンズシロップ     150cc
水             50cc
煮アンズ        3個
ローズゼラニウム   3枚 (飾り用 ミントでもよい)


作り方:

① 水を加えたシロップに粉寒天を入れ火にかけて寒天を煮とかす。

② ボールに氷水を作り①をひと肌ぐらいに冷ます。(冷ましすぎるとあっという間に固まってしまうので注意)

③ 器にアンズを1粒入れ、②を入れる。

④ 固まったらローズゼラニウムを飾る
d0262843_17202138.jpg



冷やしておいて食べる時に好みでアンズのリキュールをかけても。

アンズは生でも干したものでも、腸の動きが良くなるので便秘がちの人には良いし疲労回復にも効果がありますよ。

ローズゼラニウムは防虫効果のあるハーブとしても有名ですが、バラやイランイランやパチュリに含まれている香りの成分が入っているので甘い独特な花の香りが素敵。リラックス効果があります。

葉の形も可愛らしくお菓子に合うので葉の形を生かしてパンケーキを焼いても良いし、クッキーを作る時に香りづけに入れたり、プリンを作る時の牛乳に香りを移したり出来ます。花はサラダにしてもよいですが、葉は加熱して使用します。

紅茶を入れる時にカップに葉を1枚入れてお茶を注ぎ香りを楽しむのもいかが。母はさらにミルクティにする方が好き。
[PR]



by YzKitchen | 2012-07-08 16:10 | ハーブ料理

母から娘達へ残しておきたい料理のレシピを日々の話などを盛り込んで。
by YzKitchen
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファン