娘達へおくるハーブクッキング

タグ:フェンネル ( 4 ) タグの人気記事




きゅうりとフェンネルシードのサラダ

シードを使ったサラダ 3


◆今日のレシピ◆   § きゅうりとフェンネルシードのサラダ § 


材料: (きゅうりの量に関係なく作れます)

きゅうり        適量 (今回は6本)
塩           きゅうりの2%
フェンネルシード  適量
コショウ        適量
オリーブオイル   少量
ローズマリー     少量 (ドライ又は生のものを細かく刻む なくてもよい)


作り方:

① きゅうりは良く洗いへたを取ってピーラーでしま模様に皮をむき、スプーンなどで種を取り食べやすい大きさに切る。

② ①の実量の1.5~2%の塩をまぶし混ぜ合わせてザルに入れ水分が切れるまでしばらく置いておく。(塩もみはしない事。)
d0262843_0172455.jpg


③ ②をボールにいれ、オイル、フェンネルシードを入れ良く混ぜ合わせる。

④ コショウを加え味をととのえる。

⑤ 風味付けのローズマリーを加える。
d0262843_0175162.jpg




こちらもキャベツとアニスシートのサラダ同様、少量でも多めでも作れます。

ポイントは水分の多い種の部分を取り除く事。

酢を使っても美味しい。きゅうりの色が変わってしまうので食べる直前に加えるように。

多少は水分が出てくるので冷蔵保存の場合はきゅうりサラダをザルに入れておくと良い。

きゅうりとキャラウェイシードも相性がよく、美味しいサラダになりますよ。
[PR]



by YzKitchen | 2012-06-29 00:22 | ハーブ料理

料理用のドライハーブティー

ハーブティとして売られているドライハーブは飲む機会も多いでしょうが、ちょっと変わったドライハーブで入れるのも面白いでしょ!

ハーブ料理使用に購入したドライハーブもお茶に出来ますよ。

マスコットフーズ株式会社のドライハーブは質がよいのでお茶にも使います。

昨日は外食で食べすぎて、少し胃が疲れたみたいなので今日はコーヒーカップでたっぷり飲みたい気分です。



◆今日のレシピ◆   § ドライハーブティー § (1人前)


材料:
ドライハーブ         タラゴン 小2
                 セージ  小1/3

作り方:

① 小さな鍋に1カップ程度の湯を沸かす (飲む器によって水量は加減する)

② ドライハーブを入れて火をとめ蓋をして5分待つ。

③ カップを温めておいて②を濾しながら入れる。
d0262843_18131958.jpg




ハーブティーは普通、お湯をポットに注いで5分おいて器に入れて飲みますが、母は濃い目にしたいので鍋を利用します。
30分以上煎じると薬として使えます。漢方薬みたいですね。ただし成分が強くなり濃度が上がるので決して煮ないで嗜好飲料として飲むだけにしてね。

ハーブはヨーロッパでは薬として使用してきた歴史があるので、今の様なちょっとお洒落な時間を楽しむだけの飲み物ではなかったのです。

タラゴンはオムレツやビネガーによく使われますが、ハーブティーにすると胃がすっきりするし利尿効果も。飲みにくい人はタイムを入れるとタラゴンの癖が和らいで飲みやすくなりますよ。

タイムも消化を助けて、疲労回復の効果もあるのでおすすめです。

利尿効果のあるフェンネル(シードもOK)とタラゴンのハーブティーだと体内浄化がさらにアップしてダイエット効果も期待できるかな。

ただし、高血圧の人や妊娠中の人は飲まない方が良い場合があって注意が必要なので、ハーブの種類や量などを調べてからにする事。
[PR]



by YzKitchen | 2012-06-22 18:52 | ハーブティー

庭のハーブでハーブティー

朝食はいつも軽くすませています。ハーブティーかジュース、ヨーグルトにオートミールやレーズンやプラムトッピング、果物、など。

ジュースは出来れば搾りたてがよいけれど、朝起きるとすぐ何か飲みたくなるので、そういう時には牛乳かパック詰めのジュースを飲んでいます。本当はお水が良いらしいけれどね。

ハーブティーは朝飲まない時でも1日に1回は飲んでいると思う。

最近気にいって飲んでいるブレンドはレモンバーム、ミント、フェンネル、タイム。


レモンバーム
蜂蜜を取る植物として古くから栽培されていたらしい。簡単に増えるので根ごと掘って庭のあちらこちらに植えてもっぱらお茶に利用している。


ミント(ペパーミント)
お化けミントと化しています。小指半分程の茎の太さ、40㎝位に伸びています。毎年の事なのね。葉が大きすぎてケーキの飾りには、成長点から切り取って出た脇芽の小さいものを使うようにしている。
お茶だけでなく、エスニック料理で使う調味料を使った料理の時に一緒に食べたり、クッキーを焼く時に混ぜたりでいろいろ利用している。カクテルのモヒートにも必須だし。

ミントは交雑しやすく違う種類は離して植えた方がよいので、ペパーミントとアップルミントは離して植えているけれど、ブラックペパーミントとパイナップルミントとカーリーミントは一緒に植えても大丈夫でした。
ペニーロイヤルは観賞用なので玄関に。庭の道はぺにーロイヤルで埋め尽くされてきた。踏んでも大丈夫だから気にしていないの。


フェンネル(スイートフェンネル)
利尿、消化促進、駆風(腸内に溜まったガスを排出させる)作用がある。なんとギリシャ語では、フェンネルは「痩せる」という言葉なのです!ダイエットハーブと言われるゆえんですね。こちらも成長が早くでどんどん新しい葉が出てくる。魚料理、特にスモークサーモンにはよく使われるけれどお茶にしても甘くて美味しい。シードもOK。
フローレンスフェンネル(イタリアンフェンネル)は根元ふっくらで海外の料理番組ではよく見られるけれど母はまだ食べた事がないなぁ。


タイム(コモンタイム)
庭にはコモンタイム、レモンタイム、ゴールデンレモンタイムが育っています。すべて料理に使えるけれど、コモンタイムの香りが強くて好き。

だいたいハーブは鎮静、健胃、殺菌作用がある。タイムは臭み消しや香り付けで肉料理に多く使われていて苦みが強いのでお茶の時は少なめに使うようにしている。

1日分たっぷり作って冷めたら冷蔵庫に冷やしていつでも飲めるようにしたいので庭からたくさん摘んできました。
d0262843_1942567.jpg


◆今日のレシピ◆   § 庭のハーブでハーブティー §

アーコも好きなこのブレンド。でも自分の好きなものでいいですよ。ドライでも良いですし。


材料:
ハーブ        レモンバーム、ペパーミント、フェンネル、タイム


作り方:
① ハーブを水洗いして汚れを取り、葉だけにする。フェンネルは茎ごとでも良いけれどかさが増えてしまうので今回は取った。
d0262843_19433264.jpg


② 量が多い時は鍋に湯を沸かし、ハーブをいれる。

③ 一度温度が下がるので、再沸騰まで加熱し蓋をして火を止め、5分待つ。

④ 濾して器にいれて、あればハーブ一枝入れて出来上がり。
d0262843_19435727.jpg




一人分で作る時はポットに一つまみのハーブを入れて熱湯を注ぎ5分待つ。

冬はカップを温めておく方が良いわね。

ラベンダーティはレモンを加えるとピンクのお茶に変わるからお友達や子供たちにうけると思う。

飲みにくい人がいたら蜂蜜をたしたり、紅茶とハーブを一緒にしたお茶にしてレモンを入れると初めての人でも飲めるはず。

気管支系が弱かったあなた達が幼稚園の頃、咳に効くブルーマルバを飲ませたくて、あまり好きではなかったようなので紅茶と混ぜて作った甘いミルクティーをよくごまかして飲ませたものです。
[PR]



by YzKitchen | 2012-06-18 19:44 | ハーブティー

コイワシのコンフィ

今日からブログを始めます!!

前々から母の料理のレシピを書きとめておいてと言われていてある程度ノートには書いていたものの、日々何かしら作っている料理までは書いていなかった・・・

3人とも別の場所に住んでいるので、いつでも好きな時に見られる様にブログに残しておくのが良いと気がつきましたよ。

ハーブやスパイスをたくさん使った料理がメインになるけれど小さい時から慣れ親しんだ母の味だから、引き継いでいってくれたら嬉しく思います。



思えば35年前に出会ったイギリス製のポットポプリがハーブとの出会いの始まり。

自然の良い香りの植物の存在は衝撃的でした。それが食べられると知って感激!

それからは自宅で栽培したハーブで料理をしたいと知識もないまま育て始めたものの、上手く育たない事もありましたっけ。

それでも今は10坪程のハーブ畑で楽しんでいます。手入れはちょっと大変な時もあるけれど香りに癒されてるわぁ。

料理だって本には書いていない自己流の作り方もいいじゃない?

美味しいっと感じるのが体にも良いし幸せな気分になるしね。



今日はお向かいのKさんから地元で採れたてのコイワシ(カタクチイワシ)をたくさん頂きました。作り方を話しているうちに一緒に作って欲しいと頼まれて1.4kgのイワシをおろす事に。

今の時期のコイワシはまだ小さいので3枚におろすのは大変だから頭と内臓だけ取って骨まで食べられるようにコンフィにしました。

低温の油で加熱する調理法で保存が効くし再加熱も出来るしオーブンを使うので大量に作る時は便利です。

ちなみにシラスはカタクチイワシの仔魚です。



◆今日のレシピ◆   § コイワシのコンフィ §

※ 今回は量が多いからそれぞれ調整して下さい

材料:
コイワシ        1.4kg (頭と内臓をとった量を計っておく)
塩            コイワシの1パーセント+アルファ (この+アルファが重要)
酢            イワシにふりかける程度
ローリエ        6枚 (大きいものは切る)
生タイム        ひとにぎり
ニンニク        6片 (潰して粗く切る)
唐辛子         4つ (種を取る)
玉ねぎ         1個 (くし型に切る)
黒コショウ       適量 (出来れば挽きたて)
フェンネルシード   適量
サラダオイル     オリーブオイルとの比は4対1 魚がひたひたにかぶる量
オリーブオイル    (全部オリーブオイルにすると冷蔵したときにオイルが固まってしまう)
カルバトス       少々 (なくてもよい)


作り方:

① イワシは、やや多めの分量外の塩をまぶし軽くあえてから水洗いしてウロコを取る。

② ザルにあげて水を切る。

③ まな板にイワシの背中側を手前にして置き、頭を取り腹を斜め切って内臓を取り除く。

④ 3回ぐらい水を取り替えて③をやさしく洗う。(水洗いは最低限に)

⑤ 大きめのザルに広げて水を切る。
d0262843_392898.jpg

⑥ 1パーセントの塩をまぶし1時間~2時間置いておく。

⑦ 1つレンジで加熱して食べてみて味が薄かったら塩をたしてまぶす (やや強い塩味にする)

⑧ ⑦に黒コショウを挽く。

⑨ イワシの皮がはがれないようにする為、オーブン用の容器の底に薄く油をひき魚を並べる。(列と列の間を少し開けるように並べる。何段にも重ねても大丈夫。)

⑩ ⑨に酢をふりかけ、ニンニク、唐辛子、フェンネルシード、玉ねぎ、ローリエ、タイムを上におき、ひたひたの量の油を入れる。
d0262843_3203370.jpg

⑪ カルバトスを全体にふりかける。

⑫ 140度前後に温めたオーブンで油がグツグツしない様にして1時間30分程加熱する。(温度はオーブンによって加減する。魚が大きくなると加熱時間が多くなるから食べてみて確かめる事。)

⑬ 途中玉ねぎが焦げてきたらアルミホイルかふたをする。

⑭ 味をなじませる為に一晩おいておく。(出来上がりは塩味が強い位でちょうどよい。翌日には味が薄くなる)
d0262843_3205222.jpg

⑮ 出来ったものは崩れやすいから列に隙間を作っておくと取り出しやすい。(フライ返しが便利)



盛り付け:
d0262843_18432283.jpg


サラダ  
庭のハーブ(トレビス・フェンネル・オレガノ)、
トマト、バラはトマトの皮、ピーマン、レッドオニオン、きゅうり、大根、ライム
スライスオニオン、レモンを添えるのは定番だけど、ライムもおすすめ。

パン   
コストコで売っている半調理のもの。
200度のオーブンで6分加熱でお手軽な焼きたてパンを。

フムス  
2日前につくっておいたひよこ豆のペースト。ちぎったパンにつけて。
[PR]



by YzKitchen | 2012-06-16 03:03 | ハーブ料理

母から娘達へ残しておきたい料理のレシピを日々の話などを盛り込んで。
by YzKitchen
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファン