娘達へおくるハーブクッキング

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧




海老のマリネ

作りおきの一品。

ちょっと、お酒のおつまみ、おかずに何かないかなぁって思うとき、作りおきのものがあると重宝でしょ。

マグロのオイル漬けもそうね、今日は大きめの海老が手に入ったので、マリネを作りました。

あまり酸味は利かせないで作っておいて、食べる時にレモンを絞って召し上がれ。


◆今日のレシピ◆   § 海老のマリネ § (3~4人前)

材料:

ブラックタイガー      10尾
フェンネル          小1/2 (ドライ ディルでもよい)          
タイム            小1/2 (ドライ)
マジョラム          少量 (ドライ オレガノでもよい なくてもよい)
レモンバーム        少量 (ドライ なくてもよい)
赤唐辛子          2本
ニンニク           1片 (芯を取りつぶす)
セージ            12枚 (このうち2枚は生で使用)
ローズマリー        1枝 (なくてもよい)
ワインビネガー       大1
塩               適量
コショウ           適量
オリーブオイル       適量   
サラダオイル        適量
片栗粉            適量


作り方:

① 海老は殻をむいて背ワタを取り片栗粉をまぶして汚れを取って洗ったら水気を拭いて背開きにする。

② 赤唐辛子は種を取り、1本は輪切り、1本はそのまま。

③ フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを炒め香りが出たら、ローズマリー、セージ2枚以外のハーブ、輪切りの赤唐辛子を加え焦がさない様にして香りが出てくる程度炒める。

④ 海老を入れ中火で焦がさない様に炒める。(くるんと丸まった形になる様に)

⑤ 塩、コショウで味を整え(後でオイルを加えるのでやや濃いめ)、ワインビネガーを入れて混ぜ合わせたら火を止める。

⑤ なるべく小さめ(無駄な空きがない程度)のジップロックに⑤と赤唐辛子を入れ、海老がオイルに浸る程度にオリーブオイルとサラダオイルを1:4の割合で入れる。(オリーブオイルだけで作ると冷やした時にオイルが固まってしまうので食べる時オイル採りすぎます)
d0262843_22575898.jpg


⑥ ⑤に生セージの葉2枚とローズマリーを入れて空気を抜いて冷蔵庫に入れ2日目から食べられます。


よく使うハーブがあったら、ミックスハーブ作っておくと便利ですよ。

母は庭のハーブを乾燥させてプロセッサーにかけるか粗めに切って、ハーブミルに入れておいて使っています。
d0262843_2355046.jpg

[PR]



by YzKitchen | 2012-09-25 23:19 | ハーブ料理

さつま芋のココナッツミルク煮

さつま芋が収穫時期を迎え、マーケットでもよく見かける様になりましたね。

新聞紙に包んで玄関の段ボール箱においておくと結構もちます。

1~2ヶ月ほっておくと水分が抜けて甘みが増して美味しくなると野菜を作っている隣のおじさんから聞きました。

でも、旬のものを食べたい母にとっては、今の時期のさつま芋食べた~い!

昔よく買った石焼き芋も大学芋やふかしたさつま芋も美味しいけれど喉がつまりそうになる。牛乳かお茶を用意しておかないと心配なのは母だけかしら?

それで、今日は喉がつまらないで食べられるさつま芋のデザートを作りました。

本来は「Kolak Ubi」という名前のインドネシアでよく食べられるおやつで「さつま芋のココナッツ汁粉」と訳されているものですが、椰子の砂糖(グラ・メラ)や香り付けのバンダンの葉は専門店でないと手に入りにくいので、普通に買える材料を使いました。

きび砂糖もローズゼラニウムも、それぞれ椰子の砂糖やバンダンの葉の味とは違うでしょうが、先日、テレビを見ていたらイギリスのシェフが、ゆずが手に入りにくくて、ゆずに近い味を出したいと数種類のかんきつ類の汁を混ぜていて、結果はゆずの味とは違ったけれど、それなりに美味しく出来たと言っていました。

プロでもそういう事があるのだから母の場合もまぁいいんじゃないかしらと。



◆今日のレシピ◆   § さつま芋のココナッツミルク煮 § (3人前)

材料:

さつま芋            中1本
ココナッツミルク       150cc
水                80cc
きび砂糖            30~40g (グラニュー糖でもよい)
塩                少々
ローズゼラニウムの葉   3~4枚 (生)
ミントの葉           適量


作り方:

① さつま皮は厚めにむいてから2㎝角位に切り、分量外の水につけ濁ったら2~3回位取り替えてレモン水か酢水で15分程さらしておく。(皮のすぐ下にアクがありますが、今回は有機野菜だったので皮ごと使いました)

② ①を水から硬めに茹で、ザルにあげておく。

③ 鍋に水、塩、きび砂糖、ローズゼラニウムの葉を入れて煮立て砂糖が溶けたらココナッツミルクを加えて良く混ぜ、①をいれて中火でさつま芋が崩れない程度にやわらかくなるまで煮る。

④ ミントの葉を飾る。(ミントの葉をちぎって一緒に食べると美味しい)


温かくても冷蔵庫に入れておいて冷めたくしても美味しく食べられますよ。

d0262843_2314587.jpg


ローズゼラニウムは鉢植えでも売っていて簡単に育つ植物なので機会があったら育ててみて。虫よけのハーブとしても有名で、植えておいても葉を煮出して使っても効果がありますが、お菓子作りでも使うハーブです。

ちなみに蚊連草はローズゼラニウムとシトロネラを交配して作られた蚊がよってこないと言われているゼラニウムの仲間らしいけれど買った事はない。

エッセンシャルオイルで虫よけスプレーを作る時は、ローズゼラニウム、レモングラス、ユーカリ、香り調整と殺菌作用のあるティーツリーとラベンダーに無水アルコールと精製水を使っていますがレモングラスはシトロネラでもどちらでもよいと思う。もしレモンセントティーツリーとレモンユーカリがあれば、強力な蚊よけスプレーになりそう。

虫よけになるハーブにはシトロネラールという成分が多く入っているのね。これが有効!

そうそう、蚊よけと言えば、母の庭ではローズゼラニウムは育っていますが、モスキートブローカーというオーストラリア産のティーツリーは育たなかったなぁ。

観賞用のゼラニウムもあるので、買う時は料理用のセンテッド・ゼラニウム(ニオイゼラニウム)を。
[PR]



by YzKitchen | 2012-09-20 01:53 | ハーブ料理

ジュニパーベリーでデトックス

ハーブティー/「ジュニパーベリーティーでデトックス」を見てくれたかしら?

続けて今日はジュニパーベリーでデトックスも。

成分を体に取り入れる方法は口から飲用、皮膚から経皮吸収、鼻から吸入なので、ハーブとアロマと両方を活用してたっぷりデトックスをはかりましたよ!


まずは38℃程度の湯でハーブバスを。
エッセンシャルオイルのジュニパーベリーを5滴浴槽に入れて雑誌を持ちこんで30分以上湯につかります。
じんわり頭から汗が出てきたらしめたもの。
ゆっくりした深呼吸もします。
まずは口からすっかり息を吐いて、ゆっくり鼻から空気を吸い込み頭のてっぺんからつま先まで空気が行き渡るようにイメージしてからそれを全部吐き出すようなイメージで息を吐きます。
5回~10回位出来たらおしまい。あまり続けると苦しくなります。
深呼吸はゆったりした気分になるのでストレス解消にも。

足がむくんだり冷えている時などは簡単に出来る足湯(エッセンシャルオイルは1~3滴)もおすすめですよ。
足湯専用のバケツも市販されているのでシャワー派の人には良いかも。

お風呂から出て化粧水をつけたら首のリンパ節から鎖骨の下のリンパ節に毒素を流す感じでマッサージ。

そして最後にデフューザーを使ってお部屋にジュニパーの香りを!

d0262843_16275894.jpg

古代ギリシャでは葬式の時に悪魔除けとして果実が炊かれていたし、イタリアでは枝が魔女除けのお守りとして家の入口にかけられていたし、フランスの病院では小枝を焚いて病棟の空気の浄化をしていたとか。

空気を浄化する作用があるので、アメリカインディアンなど先住民族は神聖な空間を作る(スマッジング)時によく使っていたそうな。

余談だけど、長谷のミドルズでよく買う無添加のお香はジュニパーとホワイトセージなのね。シェリー用の特定のコーナーのテーブルでよく炊いているせいか、そこの空間ではトマトとりんごが冷蔵庫に保存するより腐りにくいの。
[PR]



by YzKitchen | 2012-09-16 15:49 | 出来事

ジュニパーベリーティーでデトックス

蒸し暑い毎日でだるいし、、昨日の飲みすぎで体に老廃物が溜まっているなぁって感じたので、体内の老廃物や毒素を排出してくれる有難~いジュニパーベリーのハーブティーを飲む事にしました。

ジュニパーベリーはヨーロッパ原産のセイヨウネズの木(ヒノキの仲間)の果実で、草や花とは違うすっきりした香りがします。お酒のジンの香り付けで有名ですね。ベーコンやハムを作る時のソミュール塩やソミュール液にも使っています。

ハーブティーの味は感動するようなものではないので、好みの香りや味を足してお気に入りブレンドティーを作ると良いわね。

解毒作用、発汗作用、利尿作用、殺菌作用、健胃作用などがあります。
ただし、長期の飲用や腎臓の悪い人にはお薦め出来ませんのでご注意を!


◆今日のレシピ◆   § ジュニパーベリーティーでデトックス § (1人前)

材料:

水              200cc
ジュニパーベリー    5粒
レモンバーム       一つまみ (風味付け  ドライでも生でも なくてもよい)
ステビア          半つまみ (風味付け なくてもよい)
d0262843_1424512.jpg



作り方:

① 鍋に湯を沸かし、半分に割ったジュニパーべりーを入れて30秒したら火を止め、レモンバームとステビアを加え5分おく。

② 茶漉しでカップに①を注ぐ。
d0262843_1425925.jpg



このハーブティーを飲むと体が一瞬かっと熱くなる感じがします。体内の老廃物や毒素が排出されるイメージを持つとさらに効果的だと信じています。


続けて、今日の出来事「ジュニパーベリーでデトックス」も見てね。
[PR]



by YzKitchen | 2012-09-16 15:44 | ハーブティー

炒め野菜のサラダ

野菜を加熱して食べるサラダには温野菜にソースというのもあるけれど、今日はさっと炒めて味をつけたシンプルなもの。

ただの野菜の炒めものでも食材と切り方でサラダと言った方がピッタリの場合もある。

水気が出ないのでお弁当のおかずにもなるし、冷めても味がなじんで美味しく食べられるから主食代わりにもなるのね。



◆今日のレシピ◆   § 炒め野菜のサラダ § (4人前)

材料:

人参         1/2本 (1.5㎝角切り)
ジャガイモ     大2個 (1.5㎝角切り)
かぼちゃ      1/2個 (1.5㎝角切り)
ズッキーニ     1本 (1.5㎝角切り)
ニンニク       1片 (つぶす)
ローリエ       1枚
アニスシード    小1/2
塩           適量
黒コショウ      適量
酢           少量
バター        30g
サラダオイル    少量
アニスシード    小1/2~1


作り方:

① 人参、ジャガイモ、かぼちゃは硬めに茹でて水気をとばし、熱いうちに少量の酢と塩をふりかけておく。

② フライパンにバターとオイルを入れニンニクとローリエを入れて香りが出たら取り出す。

③ ②でズッキーニを炒める。(バターは焦がさない様に)

④ ①と塩、コショウ、アニスシードを加えフライパンを返しながら混ぜ合わせて、ちょっと焦げ目がつく程度になったら火を止めて出来上がり。

d0262843_13344611.jpg


かぼちゃは加熱すると崩れやすいけれど、硬めよりネトッとする方が美味しい。
アニスシードでなくても好みのハーブやシードでもよいと思う。
食べる直前に黒コショウをかけても。
火力は中火以上でさっと炒めるのがポイント。
[PR]



by YzKitchen | 2012-09-09 13:30 | ハーブ料理

今日の夕食

暑い日が続くと、夕ご飯はビールになってしまったりする。

シャワーを浴びてビール!おつまみはっ?と キムチとお豆腐食べておしまいでもいいかな!なんてね。

今日はちゃんと夕ご飯が食べたくなった。体が欲しているのかもね。

時間はもう7時半を過ぎていたけれど、あるもので何か作ろうと思った。

米2合をお鍋で炊く。炊飯器は仕事用に購入したけれど普段はお鍋を使う方が多い。

心を込めて研いだ米の水加減はカップでなく手計り。手の甲の水のかぶり具合で決めている。

硬めでも柔らかめでもそれで計る。鍋に手が入ればどんな鍋でも大丈夫。

経験ってすごいでしょ!

さて、今日のメニューは

d0262843_12511847.jpg


・スパムとキノコとたっぷりニンニクとネギの炒めものカレー風味
・炊きたてのご飯にA子が作っておいてくれた鮭のほぐしたものにゴマ
・サニーレタス、ルッコラ、玉ねぎ、トマトのサラダ、バジリコソース和え
・アボガドにホワイトバルサミコかけ、ゆず胡椒とちょい醤油和え大葉と海苔とゴマトッピング
・キムチ(こだわりの韓国産の発酵食品)

2人前はたっぷりあったからサラダと炒め物は半分にしたけれど、ご飯はおかわりしてお腹一杯だった。

食べるという行為には、良い副作用があるね。
それは幸せな気持ちになれるという事。
この副作用は体にとても良い!
外食でも家でも良いけれど、添加物が入っていない家の料理は簡単なものでも安心して食べられるから、なおさら嬉しい。

この副作用のおかげで今日まで料理が好きでいられるのね、きっと。
[PR]



by YzKitchen | 2012-09-08 22:00 | 出来事

茹でどりピリ辛ソース

胸肉は疲労回復に役立つと話題になっていますね。

翼を動かし続ける渡り鳥や尾を動かし続けるマグロ、鰹などの回遊魚には筋肉の疲労を防ぐ働きのある「イミダゾールジペプチド」という成分が多く含まれているそうで、それで長距離移動が出来るらしいです。なるほどね、納得できる話です。

鳥胸肉の場合、毎日100gを1週間食べ続けると疲労回復に効果があるようですよ。

加熱するとパサパサしてしまう鳥胸肉ですが、低温で加熱すると比較的しっとりした茹で肉が作れます。
ペーパータオルに包んで密閉容器に入れ、1日立つと水分を含んでしまうペーパータオルを取り替えておけば4~5日は使えます。

麺類のトッピングやほぐしてサラダに混ぜても、ご飯に混ぜても、和でも洋でも何でも使えますね。

今日はビールのおつまみにもなる簡単な一品。



◆今日のレシピ◆   § 茹でどりピリ辛ソース § (4人前)

材料:

とり胸肉        2枚
レモングラス     2本 (なくてもよい ネギの青い部分や皮付き生姜でも)
ネギ(白い部分)   5㎝ (みじん切り)
生姜          小1 (みじん切り)
唐辛子醤油      大1/2
ポン酢         大2
黒酢          小1
練りゴマ        小1/2~1
白ゴマ         小2
ミントの葉       1枚 (みじん切り なくてもよい)
アニスシード     少々 (なくてもよい)
大葉          12枚 (千切りし水にさらしてから水気を切っておく)
サニーレタス     適量


作り方:

① 鳥胸肉は皮をはがし、全体の厚みをある程度均等になるように包丁で切り開いておく。(あまり薄くしない)

② 鍋に湯をわかし沸騰したらレモンブラスを入れ、①を入れたら火を止め蓋をして冷めるまでそのままおく。

③ ②を鍋から取り出し水気を切る。(茹で汁は濾してスープやみそ汁のベースに。冷凍も可)

④ ボールにミントの葉、大葉以外の材料を入れ混ぜ合わせる。ミントの葉は刻むと灰汁がでるのでペーパータオルで絞ってから加える。

⑤ 器にサニーレタスを敷き、薄切りにした鳥胸肉を載せソースをかけて大葉を飾る。

d0262843_0454066.jpg



唐辛子醤油は庭の青唐辛子を醤油に漬けたもの。赤唐辛子で漬けておいても美味しいし、ソースを作る時に刻み唐辛子を入れてもよいし、豆板醤で代用しても良いと思う。豆板醤を使う場合は塩分が含まれているから味の調節をしてね。
[PR]



by YzKitchen | 2012-09-08 00:45 | ハーブ料理

母から娘達へ残しておきたい料理のレシピを日々の話などを盛り込んで。
by YzKitchen
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファン