娘達へおくるハーブクッキング

ヴィシソワーズ

ヴィシソワーズは考案者のフランス人のシェフ(ルイ・ディア)がニューヨークのリッツ・カールトンホテルで披露したジャガイモの冷たいスープです。

ルイ・ディアが子供の頃の夏に、お母さんが作ったジャガイモとポロネギのポタージュスープに冷たい牛乳を混ぜて飲んだものがヒントになったそうで、彼の故郷であるフランスの保養地ヴィシーにちなんで「ヴィシー風の冷たいクリームスープ」と名付けられたそうです。

元になるポタージュスープを作って冷やしておけば、来客があってもすぐに作れるので便利です。食欲がなくても口当たりが良いので飲みやすいし栄養もあるので幼児にもお年寄りにも良いと思う。



◆今日のレシピ◆   § ヴィシソワーズ § (6人前/家庭用たっぷりサイズ)

材料:

ジャガイモ        4個 (5mm厚切り)
長ネギ          1本 (白い部分 小口切り ポロネギがあればBetter)
玉ねぎ          半個 (薄切り)
セロリ           10㎝
ニンニク         1片 (つぶす)
バター          大1
小麦粉          小2
水             4~5C
固形ブイヨン      1個
キャラウェイシード   少量
塩             適量
白コショウ        適量
牛乳            200ml
生クリーム        200ml
ローリエ         1枚 
アサツキ         少量 (小口切り なくてもよい)



作り方:

① 深鍋にバターを溶かし、ニンニク、長ネギ、玉ねぎを入れてゆっくり炒め、ほんの少し色づいてきたらジャガイモとセロリを加えてしんなりするまで、ゆっくり炒める。

② ①に小麦粉をふり入れ焦がさない様に1〜2分炒めたら水を加え、木じゃくしで鍋底をこすり落とし、ブイヨンを加えてよくかき混ぜ一度煮立たせる。

③ ②にキャラウェイシード、塩少量、コショウ少量(幼児が飲む場合は入れないで作ってね)を入れ弱火で30分程、ジャガイモがすっかり柔らかくなるまで煮込む。

④ ③をミキサーにかけたら濾し、鍋かボールに入れやや濃いめに塩味をつけローリエを入れて、あら熱が取れたら冷蔵庫でよく冷やす。

⑤ ④に牛乳を入れてよく混ぜ、さらに生クリームも加えてよく混ぜ、再び冷やしておく。

⑥ ⑤を器に入れ食べる直前にアサツキを飾る。
d0262843_0172269.jpg



本来、ローリエは使わないようですが火をとめてから加えてすっきりした味にするのが母は好き。

キャラウェイシードの代用としては、よくクミンシードやアニスシードが挙げられますが、このポタージュは味がデリケートなのでフェンネルシードを薦めます。

キャラウェイシードはとても古くから利用されていてエジプト人は食物の香り付け、ローマ人はパン作りや食事の後に食べていた(トルコのクローブと同様ね)ようです。

アラブ世界ではこの植物は視力を強化し息をかぐわしくし愛する人を失わない様に守ってくれると考えられていました。

駆風作用(腸内のガスを排出する作用)や健胃作用、リラックス効果もあります。ハーブティにする場合はシードなので長め(10分程度)に抽出してね。
[PR]



by YzKitchen | 2012-08-03 00:55 | ハーブ料理

母から娘達へ残しておきたい料理のレシピを日々の話などを盛り込んで。
by YzKitchen
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ファン